ようこそ!海浜幕張めぐみ教会へ!- Welcome to Kaihin Makuhari Grace Church!!

「神第一に生きる」ハバクク書 1:11 3:19

日本長老教会教師/神学教師 櫻井圀郎師

ハバクク書(聖書直訳)

1:11

  むしろ、霊は定めを変え、彼(霊)は過ぎ去る。

  彼(人)の力が彼(人)の神である(人)は有罪なり。

3:19

  我が主ヤハウェは我が力なり。

  彼(主)は、我が歩みを雌鹿のように任じ、高所の上を歩ませる。

序)

・異常気象の通常気象化 終末の前兆か

・凄惨な社会的事件 心ない犯人・加害者の言葉

・主イエスの言葉 「人々の愛が冷える」

Ⅰ 神に逆らう人間の力

・ヘブライ語「ルーアッハ」

   創世記1:2 地の上に水、その上に神の「霊」

   創世記2:7 地の塵で人間形成し、生命の「息」を

   創世記8:1 水没した地上に「風」を吹くと水が引く

・「人間」とは

   猿から進化した猿の一種?

   猿との決定的な違い = 霊、意思(自由意思)

   神の定めに反抗し、神に逆らい、罪を犯す能力

・神の聖定 = 創造 + 摂理 + 予定

   創造は、言葉(法)による

   創造の法(自然法則)と人間との契約

   摂理は、創造後の世界の運行

   予定は、人間の救い(信仰)

・人間の罪 = 神の法に背き、神を否定すること

   神を否定し、否定した神の座に、自己を据える

   「無神論」ではなく、「自己神論」

   「自分の力(自己)」を「自分の神(神)」とする

Ⅱ 神の力で歩む高き所

・ヘブライ語「ヤハウェ」

   「ハレルヤ」の「ヤ」

   「エホバ」とか、「我が主」とかされてきた

   「我は『在りて在るもの』なり」

・日本語訳「力」

   1章「コーアッハ」 = 能力、権力

   3章「ハイル」   = 富、豊かさ

・「雌鹿(メスの鹿)」

   旧約聖書の中では、しばしば

   「美しい」「敏速」「丈夫」の喩え

   脚がきれいで、足がじょうぶだから

・「高所(高いところ)」

   文字通りには、丘の上、山の上

   神殿、宮殿、貴族・富者の邸宅など

   「高い地位」「重要な職務」「尊い働き」

Ⅲ 人間中心か神第一か

・いずれが益か?

   Ⓐ 神を否定し、人間の力に依存し、

      神の定めに逆らって、自己神論的に歩む者

   Ⓑ 専ら神を自分の力の源泉とし、

      ひたすら神に頼みながら歩む、神第一の者

・現代社会の常識

   自己の力で生きるのが当然

   宗教は非合理、神は愚か

・神を否定した社会

   善悪・正義の感覚を欠く

   愛・慈しみは歪んだもの

・自己神論

   金(マネー)が指標

   金銭崇拝と化し、金の亡者となる

   自己が神でなくなり、金銭偶像に使える奴隷と化する

・「モネータ」

   金銭の女神、「マネー」の由来

   モネタリズム = 政策金融経済に対する経済主張

   羅語「モネーレ」=「警告する」「忠告する」

   日本経済新聞「女神の警告」

・二つの生き方

   Ⓐ 神を否定し、自分の力(コーアッハ)に依存する者

   Ⓑ 神を自分の力(ハイル)とする者

結び)

・現代日本社会の問題

   神は、単なる否定だけでなく、著しく貶められている

   神は侮辱され、神の本旨である正義を行う人も排除

   悪を行う者の悪の露見・批判・排除を回避するため

・世界に欠けていること

   正しい学びの欠け = 誤った知識に支配されている

   神に敵対して悲惨なことは目に見えている

   神第一こそ原点、神第一こそ「人間の第一」 

コメントを残す