コメントはまだありません

2013年7月21日 バイリンガル韓国語 音声

バイリンガル韓国語

 

한국어예배 <2013年  7月 21日 2:00-3:00>

海浜幕張めぐみ教会           韓国語礼拝

 

순서                                    *礼拝式順

 

찬    양 : 나는 주를 부르리   賛  美 : 「さあ賛美しよう」
찬    양 : 주께 가오니       賛  美 : 「パワーオブ ユア ラブ」
영상찬양                        動画賛美
성경본문 : 요한복음 4장 14절    聖書朗読 : ヨハネの福音書4章14節
설교제목 :                       説教題:

“예수님을 만난 사람들 시리즈2 「イエス様と出会った人々シリーズ2

– 우물가의 여인처럼- ”          −井戸のそばの女のように−」
설   교 : 박 주현 목사후보생     説    教 :  朴 柱炫教師候補者
헌   금                        献   金
헌금기도 : 최 진 집사            献金のお祈り : 崔 真 執事
통 역 자 : 코부치 테츠야        通 訳 者 : 小渕徹也

2013년 7월 21일 한국어 예배
설교제목 : 우물가의 여인처럼
성경말씀 : 요한복음 4장 14절
2013年7月21日韓国語バイリンガル礼拝
説教題:「井戸のそばの女のように」
聖書:ヨハネの福音書4章14節
은혜가 풍성하신 우리 아버지 하나님
오늘도 감사를 드립니다. 지금부터 하나님의 말씀을 듣는 시간을 갖습니다. 성령 께서 우리 안에 역사해 주십시오. 하나님의 말씀을 듣고 잘 이해할 수 있도록 인도해 주시기 바랍니다. 모든 것을 감사드리며 예수님의 이름으로 기도하였습니다. 아멘.
恵み深い父なる神様。
今日も感謝します。今から御言葉の時間を持ちます。聖霊様が私たちの内に働いてください。神様の御言葉を理解できるように導いてください。すべてのことを感謝し、イエス様の御名によって祈ります。アーメン。
오늘은 예수님을 만난 사람들 시리즈 2 입니다. 오늘의 이야기는 요한 복음 4 장에 기록 된 우물가의 여인에 대한 이야기 입니다. 오늘의 이야기를 통해 하나님의 뜻이 무엇인지 함께 배워 봅시다.
 今日はイエス様と出会った人々シリーズ2です。今日の物語はヨハネの福音書4章に書かれている井戸のそばの女に対する話です。 今日の物語を通して神様の御心が何かともに学びましょう。
성경에는 다양한 사람들이 예수님을 만나고 있습니다. 그것은 예수님께서 방문하시는 것과 사람들이 예수님께 나아오는 경우입니다. 또한 많은 사람들이 예수님을 만나고 있지만 그 만남에서 그 사람의 인생이 바뀌는  일들이 일어납니다. 오늘의 이야기에 주로 등장하는 인물은 예수님과 어떤 동네의 우물가에서 만난 여인입니다. 그녀는 사마리아에 살고있던 사마리아인이었습니다.
 聖書の中には様々な人々がイエス様と出会います。それはイエス様から訪ねる場合と人からイエス様の所に来る場合があります。また、多くの人々がイエス様と出会いますが、その出会いではその人の人生を変える出来ことが起こります。今日の話は主に登場するのはイエス様とある町の井戸で出会う女です。彼女はサマリヤに住んでいるサマリヤ人でした。

어느 날 예수님은 유대를 떠나, 다시 갈릴리로 가셨습니다. 그 때 사마리아를 통과하여 갈릴리로 가셨습니다. 예수님은 야곱이 그 아들 요셉에게 준 땅에 가까운수가라는 사마리아성에 오셨습니다. 거기에는 야곱의 우물이 있었습니다. 예수님은 여행의 피로로 우물 곁에 걸터 앉아 계셨습니다. 그 때는 제 육시 쯤 되었습니다. 뜨거운 사막의 여행으로 지치신 예수님은 우물 곁에 걸터 앉아 휴식을 취하셨습니다. 그것은 예수님의 인성을 잘 나타내는 표현이기도합니다.

ある日、イエス様はユダヤを去って、またガリラヤへ行かれました。その時、サマリヤを通って、ガリラヤへ行かれました。イエス様はヤコブがその子ヨセフに与えた地所に近いスカルというサマリヤの町に来られました。そこにはヤコブの井戸がありました。イエス様は旅の疲れで、井戸のかたわらに腰をおろしておられました。その時は第六時ごろでした。熱い砂漠の旅で疲れたイエス様は井戸のかたわらに腰をおろして休みを取りました。それはイエス様が真の人であることを現す表現でもあります。

제 육시는 정오 시간으로 뜨거운 햇빛으로 인해 사람들이 외출을 삼가하는 시간이기도 합니다. 그 때, 한 사마리아 여인이 물을 길으러 왔습니다. 예수님은 “물을좀 달라 “라고 하셨습니다. 그래서 그 사마리아 여인은 “당신은 유대인으로서 어찌하여 사마리아 여자인 나에게 물을 달라 하나이까?”라고 대답했습니다. 그것은 유대인이 사마리아인과 상종하지 않았기 때문입니다.

第六時とは正午の時間で、熱いですから人々が外出を控える時間でもあります。その時、ひとりのサマリヤの女が水をくみに来ました。イエス様は「わたしに水を飲ませてください」と言われました。そこで、そのサマリヤの女は「あなたはユダヤ人なのに、どうしてサマリヤの女の私に、飲み水をお求めになるのですか。」と答えました。それはユダヤ人がサマリヤ人とつきあいをしなかったからであります。

유대인들은 왜곡 된 선민 의식으로 사마리아인을 개와 같은 존재로 차별하고 그들을 인간 이하와 같이 취급했습니다. 그것이 하나님의 뜻이라고 생각하고 행동했습니다. 그래서 유대인이 사마리아인과 이야기를 하는 것은 있을 수없는 일이었습니다. 그래서이 여자는 놀라서 대답을 하고 있는 것입니다. 그러나 하나님이체류 이방인에 대해 특별히 사랑하는 것이 성경에 많이 쓰여 있습니다.

ユダヤ人は歪んだ選民意識で、サマリヤ人を犬のような存在であると差別し、彼らを人間以下のように扱いました。それが神様の御心であると考え行動しました。ですから、ユダヤ人がサマリヤ人に話をするのはあり得ないことでありました。それで、この女は驚いて返事をしているのです。しかし、神様が在留異邦人に対して特別に愛しているのが聖書に沢山書いています。

인간의 자존심과 선입견과 오만으로 인해 발생하는 일입니다. 그것은 오늘도 변함이 없다는 것입니다. 자신과 자신들의 나라가 특별하고 우월한 존재이며 선택된사람이기 때문에 다른 사람과 민족이 자신들을 위해 존재하기 때문에, 이용해도 좋다고 생각하고, 거기에서 발생한 차별으로 부터 역사속의 수많은 전쟁과 비극이 태어났습니다. 인간의 교만과 오만의 전형적인 것입니다. 예수님은 그것에 대하여 스스로 본을 보이시고 “노”라고 가르치고 있습니다.

人間のプライドと先入観と過ちから出来たことであります。それは、今日も変わりがないことです。自分と自分の国が特別な存在、選ばれた者だから他の人と民は自分のために存在するから、利用しても良いし、そこから生まれた差別から歴史の多くの戦争と悲劇が生まれました。人間の高慢と過ちの典型的なものであります。イエス様はそれに対して自ら行動し、「ノー」と教えています。

예수님은 그녀에게 대답했습니다. “네가 만일 하나님의 선물과 또 네게 물 좀 달라 하는 이가 누구인 줄 알았더라면 네가 그에게 구하였을 것이요 그가 생수를 네게 주었으리라. “ 예수님은 그녀에게 자신이 메시아 인 것을 조금씩 가르치기기 시작하셨습니다. 하나님의 선물은 예수님으로 말미암아 주어지는 구원의 선물로 자신이 메시아이며, 생수 이신 성령을 주시는 것이라고 가르치시고 계십니다.

イエス様は彼女に答えました。「もしあなたが神の賜物を知り、また、あなたに水を飲ませてくれという者がだれであるかを知っていたなら、あなたのほうでその人を求めたことでしょう。そしてその人はあなたに生ける水を与えたことでしょう。」

イエス様は彼女に自分がメシヤであるのを少しずつ教え始めました。神の賜物はイエス様のゆえに与えられる救いの賜物で、自分がメシヤであり、生ける水である聖霊を与えるのを教えています。

그래서 그녀는 “주여 물 길을 그릇도 없고 이 우물은 깊은데 어디서 당신이 그 생수를 얻겠사옵나이까.우리 조상 야곱이 이 우물을 우리에게 주셨고 또 여기서자기와 자기 아들들과 짐승이 다 마셨는데 당신이 야곱보다 더 크니이까”라고 대답했습니다. 그녀는 예수님의 가르침을 영적으로 받을 수 없습니다. 그렇치만 그녀는 예수님이 말씀하시는 좋은 물을 가지고 싶다고 생각했습니다.

それで、彼女は「先生。あなたはくむ物を持っておいでにならず、この井戸は深いのです。その生ける水をどこから手にお入れになるのですか。
あなたは、私たちの父ヤコブよりも偉いのでしょうか。ヤコブは私たちにこの井戸を与え、彼自身も、彼の子たちも家畜も、この井戸から飲んだのです。」と答えました。彼女はイエス様の教えを霊的に受け取ることが出来ませんでした。彼女はイエス様が教える素晴らしい水が欲しいと思いました。

그러나 그것을 손에 넣기 위해 지금 눈앞의 우물은 깊고,이 지역에는 이 우물 이외에는 없었기 때문에, 솔직하게 질문하고 있는 것입니다. 또한 예수님을 야곱보다 위대한 분입니까 라고 질문합니다. 그것은 야곱이 이 우물을주었고 그 자신도 그의 자식들도 가축들도 이 우물을 마시고 살고 있기 때문입니다. 그녀는 더 좋은 물이 있으면, 그것을 손에 넣고 싶다고 생각했습니다. 그녀는 더 좋은 물을 찾게 되었습니다 만, 예수님의 영적인 의도를 읽을 순 없었습니다.

しかし、それを手に入れるために今の目の前の井戸は深いし、この地域にはこの井戸以外にはなかったので、素直に質問しています。また、イエス様にヤコブよりも偉いのでしょうかと質問しています。それはヤコブがこの井戸を与え、彼自身も、彼の子たちも家畜も、この井戸から飲んで生きているからです。彼女はそれより勝る水があれば、それを手に入れたいと考えました。彼女はより良い水を求めるようになりましたが、イエス様が霊的な意図を読み取ることは出来ませんでした。

그래서 예수님은 이야기를 진행하십니다. “이 물을 마시는 자마다 다시 목마르려니와. 내가 주는 물을 마시는 자는 영원히 목마르지 아니하리니 내가 주는 물은그 속에서 영생하도록 솟아나는 샘물이 되리라 “고 말씀하시고 계십니다. 예수님은 여기에서 영적인 물과 물질적인 물을 구별 할 수 있도록 가르치시고 계십니다.

それで、イエス様はさらに話を進みます。「この水を飲む者はだれでも、また渇きます。

しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。」と彼女に話しています。イエス様はここで霊的な水と物質的な水を区別するように教えています。

물질적인 물을 마시는자는 또 갈증이 일어나지만 예수님께서 주시는 물을 마시는자는 누구든지 영원히 목 마르지않는다고 가르치시고 계십니다. 예수님께서주시는 물은 유대인과 이방인의 구별이 없고, 누구에게나 주시는 물 입니다. 그 물을 마시는자는 누구든지 결코 목 마르지 아니하는 영원한 생수입니다. 예수님이주는 물은 그 속에서 샘이 되어 영원한 생명의 물이 솟아 나오는 것입니다. 그것은 영적인 목마름이 채워지는 것을 의미합니다. 성경은 하나님과 성령님을 물에비유하고 있습니다.

物質的な水を飲む者はまた渇きますが、イエス様が与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことが無いと教えています。イエス様は与える水はユダヤ人や異邦人の区別がなく、だれでも与える水であります。その水を飲む者はだれでも、決して渇くことが無い永遠の水です。イエス様が与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ますのです。それは霊的に渇くことがなくなるのを意味します。聖書では神様と聖霊様を水で比喩します。

그래서 영적으로 만족하여 그 생명력에 한계가 없는 상태가 되는 것을 말씀하고 있습니다. 그것이 복음의 새 생명이고 인생입니다. 예수님은 그것을이 여자에게전하고 있습니다. 그러나 이 여자는 예수님께 말합니다. “주여 그런 물을 내게 주사 목마르지도 않고 또 여기 물 길으러 오지도 않게 하옵소서”라고. 이 여자는다시 예수님의 가르침을 오해하고 있습니다. 그녀는 예수님이 가르치고 있는 물에 관심이 있었습니다.

ですから霊的に満たされその命に限りがない状態になるのを言っています。それが福音による新しい命であり、人生です。イエス様はそれをこの女に伝えています。しかし、この女はイエス様に言っています。「先生。私が渇くことがなく、もうここまでくみに来なくてもよいように、その水を私に下さい。」と。この女は再びイエス様の教えに誤解しています。彼女はイエス様が教えている水に関心がありました。

하지만 그녀는 눈앞의 문제를 해결하기 위해 필요한 것 이었습니다. 그녀는 더이상 여기까지 물을 길으러 오지 않도록 하고 싶다고 생각했습니다. 그것은 그녀가물 때문에 뜨거운 정오 시간에 우물에 올 수 밖에 없는 이유와 관계가 있었습니다. 그 시간은 매우 뜨거운 정오이기 때문에 사람들이 외출을 삼가하는 시간이고,보통은 우물에 오는  시간이 아닙니다. 그녀는 의도적으로 그 시간에 우물에 나와 있는 것입니다. 그녀는 남편이 다섯이나 있었던 여인이기 때문에 사람들로부터조롱과 차별을 받고 있었습니다.

しかし、それは彼女の目の前の問題を解決するために必要なものでした。彼女は水のためにもうここまでくみに来なくてもよいようにしたいと思いました。それは彼女が水のために熱い正午の時間に井戸に来る理由と関係がありました。その時間は熱いですから人々が外出を控える時間であり、普通は井戸に来る時間でありませんでした。彼女は意図的にその時間に井戸に出ているのです。彼女は夫が五人あった人ですから人々から嫌われ、差別を受けていました。

그녀가 물을 길으러 우물에 가면 같이 물을 길으러 우물에 온 사람들로부터 비난이나 경멸적인 눈초리를 받았습니다. 주위 사람들로부터 가혹한 취급을 당했습니다. 그녀가 우물에 가서 좋은 기억이 없었습니다. 그래서 사람들이 없는 뜨거운 정오 시간에 혼자 우물에 갔었던 것입니다. 그것도 사람과 만나는 것을 두근 두근하면서, 비참한 기분으로 갔던 것입니다.

彼女が水のために井戸に行くと同じく水のために井戸に来た人々から批難や軽蔑な行為を受けました。周りの人々から厳しい扱いをされました。彼女が井戸に行くことに良い記憶がありませんでした。ですから、人々がいない熱い正午の時間に井戸に行ったのです。それも人と会うのをドキドキしながら、嫌な気持ちで行ったのです。

그러므로 만약 목 마름이 없어지는 물이 있다면 손에 넣고 싶고, 그래서 더 이상 사람들의 눈을 의식하고 뜨거운 정오 시간에 우물에 오는 것을 그만 둘 수 있다.더 이상 우물가에서 사람들에게서 싫은 소리를 듣는 일과 차별을 받고 싶지 않다고 그녀는 생각했습니다. 어쨌든 이 지긋 지긋한 상황에서 벗어나기 위해서 이 분이 가르쳐 주시는 새로운 물을 갖고 싶다고 생각했습니다. 그래서 예수님께 그 물을 저에게 주십시오. 라고 말하고 있습니다. 지금 그녀에게 필요한 것은 예수님이 아니라 눈 앞의 문제를 해결하기 위한 인간적 수단이었습니다. 이 사람이 혹시 그 고민을 해결 할 수있는 비결이 있을지도 모른다고 생각하고 있었습니다.

ですから、もし、渇くことがなくなる水があるなら手に入れたい、それでこれ以上、人々の目を気にして熱い正午の時間に井戸に来ることをやめることが出来る。それ以上に井戸で人々から嫌な話を聞くことや差別を受けたくないと彼女は思ったでしょ。とにかく、この状況から解放されるためにこの方が教えている新しい水が欲しいと思いました。それで、イエス様にその水を私に下さい。と言っています。今、彼女に必要なのはイエス様ではなく、目の前に問題を解決するための人間的な手段でした。この人がもしかしたらその悩みを解決出来る秘訣があるかもしれないと思っているのです。

많은 사람들이 교회에옵니다. 그러나 이 여자처럼 예수님이 누구인지 잘 모르는 사람 예수님이 단지 위대한 사람, 좋은 사람 있다고 생각하는 사람이나 눈앞의 자신의 문제 해결을 위해 비결을 가지고 있는 사람이라고 생각하는 사람이 많습니다. 자신의 진정한 영적인 문제보다 육의 문제가 가장 중요한 사람들입니다. 그것은 처음 신앙을 가지기 전에 우리들의 모습이기도 합니다. 그녀처럼 영적인 것을 인간적 인 방법으로 손에 넣으려고 합니다. 게다가 신앙을 가진 후에도 우리들은 때때로 그렇게 신앙 생활을 해 버리는 것입니다.

多くの人々が教会に来ます。しかし、この女のようにイエス様が誰かよく分からない人、イエス様がただ偉い人で、いい人あると考えている人、あるいは目の前の自分の問題の解決のために秘訣を持っている人だと考えている人が多いです。自分の真の霊的な問題より肉の問題が一番大切な人々です。それは初めて信仰を持つ前に私たちの姿であります。彼女のように霊的なことを人間的な方法で手に入れようとしています。しかも、信仰を持った後でも時々そのように信仰生活してしまうのです。

그런 그녀에게 예수님은 이렇게 말씀하십니다. “가서 네 남편을 불러 오라”라고. 그러자 여자가 대답합니다. “나는 남편이 없나이다.”그래서 예수님은 말씀하셨습니다. “네가 남편이 없다 하는 말이 옳도다.너에게 남편 다섯이 있었고 지금 있는 자도 네 남편이 아니니 네 말이 참되도다 “고. 예수님은 그녀의 가장 수치스럽고 가장 고민되는 부분을 건드리십니다.

そのような彼女にイエス様はこのように言います。「行って、あなたの夫をここに呼んで来なさい。」

と。すると女は答えます。「私には夫はありません。」それで、イエス様は言われました。「私には夫がないというのは、もっともです。

あなたには夫が五人あったが、今あなたといっしょにいるのは、あなたの夫ではないからです。あなたが言ったことはほんとうです。」
と。イエス様は彼女の一番恥であり、悩みであるところを触れます。

그녀는 남편이 다섯 있었음에도 불구하고 만족 할 수 없습니다. 사랑을 찾아 헤매고 계속해서 바꾼 남편만 다섯 사람이나 있었는데도 불구하고 만족하기는 커녕, 행복해지지 않고, 채워지지 않은 자신에 늘 고민하고 있었습니다. 그래서 그녀의 대답은 나에게 남편은 없습니다. 눈앞에 여섯 번째 남편이 있는데 그녀의 대답은 그러했습니다. 아무리 인간적으로 원하는 것을 손에 넣어도 그녀는 만족과 평안이 없었습니다. 그런 그녀에게 예수님은 “가서 네 남편을 불러 오라”라고 말씀하시고 계십니다. 즉 당신의 가장 근본적인 문제를 알고 있다 라고 하시는 것입니다.

彼女は夫が五人あったにも関わらす、満足することが出来ませんでした。愛を探し求めて夫が次から次へ入り変えられ五人もあったのに満足するところか、幸せにならないで、満たされない自分で悩んでいました。それで、彼女の答えは私には夫はありませんでした。目の前に六番目の夫がいるのに彼女の答えはそうでした。いくら人間的にほしいものを手に入れても彼女には満足と平安がありませんでした。そのような彼女にイエス様は「行って、あなたの夫をここに呼んで来なさい。」と言っています。

すなわち、私はあなたの一番根本的な問題を知っています。と言っているのです。

그것에 대해 이야기하고 싶다. 눈을 뜨시기 바란다. 나는 당신이 생각하는 것보다 훨씬 위해한 사람이다. 당신이 생각하고 추구하고 단순한 물이 아니라 영원한물을 당신에게 소개하고 싶다고 말씀하시고 계신 것입니다. 천국은 이 세상의 연장이 아니라 완전히 새로운 곳이다. 살리는 것은 영이요, 육으로는 이해 할 수 없다 라고 말씀하시고 계신 것입니다.

それについて話したいです。目をさましてください。私はあなたが考えることよりはるかな人です。あなたが考えているし、求めるただの水ではなく永遠の水をあなたに紹介したいと言っているのです。天国はこの世の延長ではなく、全く新しいところです。生かすのは霊であり、肉によっては理解することは出来ませんと言っているのです。

그제서야 이 여자는 영적인 눈을 뜨게 되어”주여 내가 보니 선지자로소이다.  우리 조상들은 이 산에서 예배하였는데 당신들의 말은 예배할 곳이 예루살렘에 있다 하더이다” 라고 육의 관심에서 영적인 관심으로 바뀌게 됩니다. 예수님의 능력에 놀란 그녀는 예수님께 제대로 반응하게 되었습니다. 하나님을 어떻게 예배하면 좋을지에 대한 질문으로 바뀌게 되었습니다.

それで、この女は目が覚めるようになり、「先生。あなたは預言者だと思います。

私たちの父祖たちはこの山で礼拝しましたが、あなたがたは、礼拝すべき場所はエルサレムだと言われます。」
と肉の関心から霊的な関心に移ります。イエス様の力に驚いた彼女はイエス様に正しく反応するようになりました。神様をどのように礼拝すれば良いかについて質問が変わりました。

그녀가 비참한 기분으로 물을 기르기 위해 우물에 아무도 없는 뜨거운 시간에 와야하는  문제가 해결되지 않았습니다. 한 번 마시면 목 마르지 아니하는 신기한물을 받은 상태도 아닙니다. 그렇습니다. 그녀의 진짜 문제는 육의 문제가 아니라 영적인 문제였습니다. 영적으로 충족되지 않기 때문에 육적으로 여러 가지 방법으로 그것을 채우려 한 것입니다. 그것은 지금 시대의 사람들도 마찬가지입니다. 하나님이 사람을 영적인 존재로 하나님을 예배하는 존재로 만들었습니다.

彼女が嫌な気持ちで、水のために井戸に誰もいない熱い時間に来なければならない問題は解決されていません。一度飲んだら渇くことがない不思議な水をもらうことが出来ていないです。そうです。彼女の本当の問題は肉の問題ではなく、霊的な問題でした。霊的に満たされないから肉的に色んな方法を使ってそれを満たそうしたのです。それは今の時代の人々も同じです。神様が人を霊的な存在として、神様を礼拝する存在として作りました。

그래서 사람들은 무의식적으로 무언가를 숭배하고 있습니다. 그것은 사람은 누구나 영적 갈증이 있기 때문입니다. 그것을 충족하기 위해 학력, 지식, 돈, 종교,자기 만족, 자랑, 욕망 등에 목숨을 거는 것 입니다. 하지만 그것들을 구하여 성공한다고 해서 영적인 갈증이 충족되는 것이 아니라 점점 그 채워지지 않은 갈증에낙담하게 되는 것입니다. 그것은 진정한 만족과 채워짐은 오직 하나님께 있기 때문입니다. 사람은 그렇게 창조되었기 때문입니다.

ですから、人は無意識的に何かを礼拝しています。それは人には誰でも霊的な渇きがあるからです。それを満たすために学歴、知識、お金、宗教、自己満足、自慢、欲望などに一生懸命になっているのです。しかし、それを求め手に入れることによって、霊的に渇きが満たされることではなく、どんどんその満たされない渇きに落胆するのです。それは真の満足と満たされるのは神様のみにあるからです。人はそのように作られたからです。

예수님은 그녀에게 말씀하십니다. “내 말을 믿으라 이 산에서도 말고 예루살렘에서도 말고 너희가 아버지께 예배할 때가 이르리라 너희는 알지 못하는 것을 예배하고 우리는 아는 것을 예배하노니 이는 구원이 유대인에게서 남이라 아버지께 참되게 예배하는 자들은 영과 진리로 예배할 때가 오나니 곧 이 때라 아버지께서는 자기에게 이렇게 예배하는 자들을 찾으시느니라”라고.

イエス様は彼女に言います。「私の言うことを信じなさい。あなたがたが父を礼拝するのは、この山でもなく、エルサレムでもない、そういう時が来ます。

救いはユダヤ人から出るものですから、あなたがたは知らないで礼拝しています。

しかし真の礼拝者たちが霊とまことによって父を礼拝する時が来ます。今がその時です。父はこのような人々を礼拝者として求めておられるからです。

神は霊ですから、神を礼拝する者は、霊とまことによって礼拝しなければなりません。」と。

하나님을 예배하는자가 신령과 진정으로 예배하는, 즉 성령으로 구원받은 하나님의 백성이 영적 아들로서 영 이신 하나님을 예배함으로써 하나님의 약속의 성취이신 예수 그리스도를 통해 예배하는 것이다. 라고 가르치시고 있습니다. 이제 우리는 이 여자처럼 눈앞의 문제가 정말 문제가 아니라 진짜 문제는 영적인 문제인 것을 알아야 합니다. 그것은 우리가 진정한 예배자가 되는 것입니다. 우리들에게 필요한것은 성령님으로 말미암아 구원받아 예수님의 복음으로 말마암아 예수 그리스도를 통하여 하나님께 예배드리는는 것입니다.

神様を礼拝する者は、霊とまことによって礼拝する、すなわち、聖霊によって救われた神様の民が霊的な息子として、霊である神様に礼拝することで、神様の約束の成就であるイエス・キリストを通して礼拝するのです。と教えています。今、私たちもこの女のように目の前の問題が本当に問題ではなく、本当の問題は霊的な問題です。それは私たちが真の礼拝者になるのです。聖霊様によって救われ、イエス様の福音によって、イエス・キリストを通して神様に礼拝するのです。

그 예배와 만남을 통해 진정한 해결책이 있는 것입니다. 그것이 그 속에서 샘이되어 영원한 생명의 물이 솟아 오르는 것입니다. 그것은 영원합니다. 예수님을 믿는 사람은 누구든지.

여자는 자신의 물동이를 두고 마을로 가서 사람들에게 말했습니다. “내가 행한 모든 일을 내게 말한 사람을 와서 보라 이는 그리스도가 아니냐”라고. 그녀는 예수님을 만났습니다.

その礼拝と出会いを通して、真の解決が出来るのです。それがその人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出るのです。それは永遠に。イエス様を信じる者は誰でも。女は、自分の水がめを置いて町へ行き、人々にいいました。 「来て、見てください。私のしたこと全部を私に言った人がいるのです。この方がキリストなのでしょうか。」と彼女はイエス様と出会いました。

그녀는 물동이두고 마을로 갔습니다. 더 이상, 그녀는 물동이가 필요없고 우물가에서 안절부절하거나 비참한 기억과 문제들은 문제가 되지 않았습니다. 그녀는예수님을 만난 것입니다. 자신의 문제로 인해 고군분투했지만 진짜 문제는 영적인 문제였습니다.

彼女は自分の水がめ置いて町へ行きました。もうそれ以上、彼女には水がめは必要ないし、井戸でいらいらすることや嫌な記憶、問題は問題にならないようになりました。彼女はイエス様と出会ったのです。自分の問題のために孤軍奮闘しましたが、本当の問題は霊的な問題でした。

結び)맺는말
이 이야기의 처음으로 돌아가겠습니다. 예수님은 유대를 떠나사 다시 갈릴리로 가실새 사마리아를 통과하여야 하겠는지라 라고 성경은 기록하고 있습니다. 유대인들은 사마리아인을 개 이하로 취급하고 차별했기 때문에 그들과 마주치는 것조차 피했습니다. 그래서 많이 돌아가는 길이지만, 베뢰아를 통하는  길을 사용했습니다.

この話のまた最初に戻ります。イエス様はユダヤを去って、またガリラヤへ行かれました。

しかし、サマリヤを通って行かなければならなかったと聖書は書かれています。ユダヤ人はサマリヤ人を犬以下のように差別したので、彼と会うことさえ、控えました。ですから、遠回りでありますが、ベレヤを通して行く道を使いました。

그래서 보통 유대인이라면 절대 가지 않는 길을 예수님은 의도적으로 돌아 가신것 입니다. 그것은 이 우물가에서 만났던 사마리아 여인 때문이었습니다. 예수님은 그녀를 만나기 위해 땀을 뻘뻘 흘리시며 우물에 도착했을 때는 피곤하어 주져 않으실 정도의 뜨거운 길을 걸으신 것 입니다. 아무도 관심을 주지 않고 비난하고 차별만 받고 있었으며, 그 인생이 엉망진창이된  한 여인을 위해 예수님은 묵묵히 걸으셔서 그 마을에 들어가신 것입니다.

ですから、普通のユダヤ人であれば絶対行かない道をイエス様は意図的に入りました。それはこの井戸のそばで出会うサマリヤの女のためでした。イエス様は彼女に会うために汗を流して、井戸に到着した時、疲れるまで熱い道を歩きました。誰も関心を与えることがなく、批難され、差別を受けているし、人生めちゃくちゃである一人の女のためにイエス様はひたすら歩いてこの町に入ったのです。

사람들은 그녀에게 아무런 희망도 찾아 낼 수 없어 모두가 포기한 여자였습니다. 그러나 예수님은 그녀에 대한 희망이 있었습니다. 예수님은 그녀를 포기하지 않았습니다. 그래서 그녀를 만나기 위해 아무도 우물에 나오지 않는 그 뜨거운 시간에 맞추기 위해 서둘러서 걸어가신 것입니다. 단지 그녀를 만나기 위해서. 그녀에게 희망을 전해 주시기 위해서. 그녀가 구원받는 다고 해서 큰 유익이 되지 않을지도 모릅니다. 오히려 유대인으로서 사마리아 여인에게 말을 거심으로 신변이더 위험해지실 수도 있는대도 말입니다.

人々は彼女に何に希望も見出だすことができないダメな人で、諦めた女でした。しかし、イエス様は彼女に希望がありました。イエス様は彼女を諦めなかったです。それで、彼女が誰も井戸に出ない熱い時間に合わせるために急いで歩きました。ただ、彼女を会うために。彼女に希望を与えるために。彼女が救われても何も益にならないかもしれないのです。むしろユダヤ人としてサマリヤ人の女に声をかけることによってもっと危険になるかもしれないのです。

하지만 예수님은 그녀를 위해 그 마을에 들어가셨습니다. 그것이 바로 예수님의 사랑입니다. 그것이 바로 하나님의 사랑입니다. 우리는 이 여인처럼 문제 투성이의 사람들입니다. 그 문제가 눈에 보이는 사람이 있는가 하면 눈에 보이지 않는 사람도 있습니다 하지만 모두 똑갔습니다. 모두 각자의 문제를 안고 살아가고 있습니다. 그것은 누군가가 말해주지 않아도 자기 자신이 가장 잘 알고 있습니다. 그 문제를 해결하기 위해 아니면 숨기기 위해서 여러 가지 일에 열심을 내고 있지않습니까?

けれどもイエス様は彼女のためにこの町に入りました。それがイエス様の愛です。それが神様の愛です。私たちはこの女のように問題だらけの人々です。その問題が目に見える形である人があれば、目に見えない形である人であれ、皆そうです。それは誰かが言わなくでも自分がよくしています。その問題を解決、あるいは隠すために色んなことで熱心になっていませんか。

이 여자처럼 영적인 문제를 육적인 방법으로 해결하려고 하지 않습니까? 우리들처럼 평범한 사람의 문제가 해결되고 구원받는 것이 하나님을 위해서는 아무런 도움이 되지 않는 일이지도 모릅니다. 좀 더 멋진 사람이 뭔가 잘 할 수있는 사람들의 문제가 해결되고 구원받은 것이 하나님을 위해 도움이 되는 일이지도 모릅니다. 하지만 예수님은 오늘도 이렇게 말씀하시고 계십니다. “하지만 너를 만나기 위하여 통과하여야 하겠는지라”라고

この女のように霊的な問題を肉の方法で解決しようとしていませんか。私たち見たいな平凡な人の問題が解決され救われても神様のために何の役に立たないかもしりません。もっと素敵な人で何か出来る人の問題が解決され救われた方が神様のために役に立つかもしれないです。しかし、イエス様は今日もこのように言っています。「しかし、あなたに会うために通って行かなければならなかった。」と

기도합시다. 은혜가 풍성하신 우리 하나님 아버지.
우리 같은 평범한 사람보다 더 뛰어나고 무엇이든지 잘 할 수있는 사람이 구원받은 것이 하나님을 위해 더 도움이 될지도 모르겠습니다. 그러나 일방적인 사랑으로 우물가에서 만난 사마리아 여인을 사랑하신 예수님의 사랑이 우리들도 그렇게 사랑하십니다. 주님. 감사합니다. 세상의 공허함을 위해 소중한 인생을 어리석게 사용하는 것이 아니라 영적인 것을 육적 인 방법으로 해결하려는 헛된 노력을 버리도록 인도해 주십시오. 예수님의 초청에 응답하는 진정한 예배자로 살도록 도와 주시기 바랍니다.
お祈りします。恵み深い父なる神様。
私たちみたいな平凡な人より、もっと素敵な人で何か出来る人が救われた方が神様のために役に立つかもしれないです。しかし、一方的な愛で井戸のそばで出会ったサマリヤの女を愛したイエス様の愛は、私たちもそのように愛しています。主よ。感謝します。この世の空しいことで大切な人生を無駄使うことではなく、霊的なことを肉的な方法で解決しようとする無駄な努力をやめるように導いてください。イエス様の招きに答えるように、真の礼拝者として生きるように助けてください。
모든 것을 감사하고 주 예수 그리스도의 이름으로기도합니다. 아멘.
全てのことを感謝し、主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

コメントを投稿