コメントはまだありません

2022年度のクリスチャンライフ学びと交わりシリーズ

「クリスチャンライフ」の目的は、教会で奉仕して下さる兄弟姉妹の為に学びと交わりの場を設け、奉仕者同士で教会の成長や前進について話し合ったり、祈り合いながら神様の助けを求めることです。「奉仕者」と聞くと、長老、執事、日曜礼拝に関わる奉仕者たち、セルグループリーダー、教会学校の教師たち、給食伝道に関わる奉仕者を思い浮かべるかも知れませんが、公な奉仕をしていない方々でも、様々なところで教会の大事な奉仕を行って下さっています。ですから、「クリスチャンライフ」の集まりは教会の皆さんに、是非、参加して頂きたいです。クリスチャンライフは学びの場でありながら、自分の奉仕をどのように深めていくかを兄弟姉妹と共に考える場でもあります。

今年のテーマとして考えているのは「礼拝」です。「あなたがたのからだを、神に喜ばれる、聖なる生きたささげ物として献げなさい。それこそ、あなたがたにふさわしい礼拝です。」(ローマ12:1)と御言葉にありますが、私たちは、それをどのように実践すればいいのでしょうか?一人のクリスチャンとして、奉仕者として、家庭で、セルグループとして、賛美チームとして、教会学校として、会衆として、どのように「ふさわしい礼拝」を捧げるべきでしょうか?今年の1年をかけて、教会として一緒に考えていきたいと思います。

5月29日 「礼拝は神に喜ばれる民の応答。」
7月10日 「礼拝は御言葉を食べること。」(第5週より変更)
10月30日 「礼拝は自分を「聖別」すること。」