コメントはまだありません

February 8, 2015 (Text , Voice Record)

February 8, 2015 Voice Record

 

Worship Leader Rev.Shinichi Hirohashi 司会者  廣橋信一牧師

Accompanist  Mrs. Kazusa Oba 奏楽者   大場かづさ姉妹

Preacher Rev.John Evans 説教者 ジョン・エバンズ宣教師Interpreter Rev.Shinichi Hirohashi 通訳者    廣橋信一牧師

Song Leader Elder Muneyasu Nasu さんびリーダー 那須宗泰長老
Worship song : Firm foundation ゆるぎない土台

Greeting

Prayer

Worship song : Shout to the Lord 叫べ全地よ

Worship song : All the heavens 全ての天よ

Bible Reading :Colossians 1:24-2:5 コロサイ 1:24-2:5

Message: “Struggling and Suffering for Maturity ”

「成熟のための戦いと苦しみ」

Worship song: Because He lives 主は今 生きておられる

Offering

Prayer

Worship song: Awesome God 大いなる神

Benediction  Rev. John Evans

 

Sermon 3

Text: Colossians 1:24-2:5

Big Idea:

Sermon Title: Struggling and Suffering for Maturity

成熟のための戦いと苦しみ

Introduction: Struggling and Suffering for What?

イントロ:何のための苦しみと戦いか?

Becoming a professional sumo wrestler.

プロの相撲力士になるには

Requires you to adhere to some very strict and painful goals.

とても厳しい、痛みの伴う目的に向かって、訓練して行く

You live in these communal sumo training stables where every aspect of your is dictated by a very strict tradition.

生活の全てが厳しい伝統に支配される相撲部屋という共同体で

The day starts for the young sumo at 5am every morning.

新入りの一日は毎朝五時から始まります

You start cooking breakfast, clean the stables, and then prepare the bath for the older sumos.

朝食作り、相撲部屋の掃除、先輩力士の風呂の支度

A typical lunch consists of a stew of meat, fish and vegetables, eaten with rice and washed down with beer.

典型的な昼食は具沢山のちゃんこ鍋をご飯と一緒にビールで流し込むというもの

You then rest after lunch – to put on weight.

昼食後は体重を増やすための昼寝です

In between your jobs and putting on lots of weight, you have your training which involves clashing with other men’s fat sweaty bodies on a dirt floor.

体重を増やすのと、毎日の仕事の合間に、汚い土俵で汗まみれの大男たちと文字通りぶつかり合いのけいこをします。

This happens for a number of years before you are ready to enter the ring and fight.

戦うために土俵に実際に上がれるようになるまで、普通は何年か、かかります。

And the sport has a very high drop out rate.

そして相撲は途中でやめる人の割合が非常に高いスポーツでもあります

But for those who stick at the strict and painful routine, and if you make it to the top of your sport, you could end up making around $50,000 a month.

しかし、厳しく苦しい生活を耐えぬき、トップに上り詰めると、月収50000ドル、600万円弱の生活が待っています。

The bad news is – sumos don’t live very long.

しかし、残念なのは、相撲力士が短命なことでしょう

The life expectancy of a sumo is between 60 and 65 years of age.

相撲力士の平均寿命は60〜65歳くらいと言われています。

After setting yourself some very strict and very painful goals and achieving them – you really gotta wonder if it’s all really worth it.

厳しく苦しい道をひたすらゴールに向かって鍛錬し続けた結果、それだけの価値があるのか、と思わずにいられないのではないでしょうか

What goals do you have in life that are worth suffering and struggling for?

そのような労苦と苦闘を絶える価値がある人生のゴールを皆さんはもっていますか?

This evening the Apostle Paul gives us some goals worth struggling for.

今夜は使徒パウロの言葉から労苦に値する人生のゴールを学びます

Goals that won’t end when you turn 65, but goals that have eternal value.

This morning we’ll see that the goal of Paul’s struggle is that Christ may be presented to everyone, and everyone presented mature in Christ.

65歳になったら終わってしまうゴールではなく、

永遠の価値をもつゴールです。

パウロの労苦は、キリストがすべての人に宣べ伝えられ、

すべての人を、キリストにある成人として立たせるためのものだったことを見ていきたいと思います

So open your Bibles to Colossians chapter 1, and see how Paul was prepared to give his everything for the ministry of the Gospel.

それではコロサイ一章を開いて、パウロが福音宣教のためにすべてをささげる準備ができていたかを見てみましょう。

1. Paul’s Struggle and Suffering パウロの労苦と苦闘

Have a read of verse 24 – Now I rejoice in my sufferings for your sake, and in my flesh I am filling up what is lacking in Christ’s afflictions for the sake of his body, that is, the church,”

24節 ですから、私は、あなたがたのために受ける苦しみを喜びとしています。そして、キリストのからだのために、私の身をもって、キリストの苦しみの欠けたところを満たしているのです。キリストのからだとは、教会のことです。

Now at first glance what Paul says here seems a bit odd.

一見してパウロがここで言っていることは少し変わっています

Who in their right mind would ever rejoice in their sufferings?

普通、苦しみを喜べるでしょうか?

Well Paul’s not saying I like to get beaten up and I love sitting in prison.

Suffering is simply a part of being a disciple of Jesus.

パウロは、殴られたり牢屋に入れられることが好きだ、と言っているわけではありません。

というより、苦しみは単にイエスの弟子であることの一部だと言いたいのです。

We find joy in our suffering from the perspective and the purpose that Christ gives suffering.

キリストが与えた苦しみだ、と考え、その中にある目的や意図をもって自分の苦しみの中に喜びを見いだすのです

You see Paul’s suffering because he’s preaching the gospel.

パウロの苦しみは、福音を宣教するからこそのものでした

And knowing that people now know about Jesus, because of His preaching – that’s what makes his suffering worthwhile and joyful.

自分が宣べ伝えているからこそ、イエスについて知っている人がいる、とわかることで、苦しみがそれだけの価値のあるもの、また喜びにと変えられるのです。

You know it’s really interesting Paul doesn’t celebrate his wonderful successes or the miraculous gifts that God’s given him, but he rejoices in his suffering.

パウロが自分の成功や、神に与えられた奇蹟の賜物ではなく、苦しみを大いに喜んでいる、というのは非常に興味深い点です。

You know the Bible’s perspective on suffering is truly unique.

苦しみに対する聖書の考え方は本当に独特です

Jesus pronounced a blessing on those who are persecuted for righteousness sake.

イエスは義のために迫害されている者は幸いですと言われました。

When the Apostles were beaten up in Jail in Acts chapter 5, they left rejoicing – being counted worthy to suffer for Jesus.

弟子たちが、使徒の働き5章で、留置場に入れられ、むち打たれた時も、御名のためにはずかしめられるに値する者とされたこと喜びながら、出て行ったとあります。

Paul said in the letter to the Romans that “suffering produces endurance, and endurance produces character, and character produces hope.”

ローマ人への手紙で、パウロは「患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出す」と言っています。

But when we fail to look beyond our suffering to the greater spiritual goals that it achieves, we’ll become bitter and resentful, and God will seem cruel and life will be meaningless.

しかし私たちが、こういう苦しみの先にある、もっと大きな霊的なゴール、その苦しみによって何が達成できかを見失うと、苦々しさと怒りを感じ、神は残酷だ、人生は無意味だ、と思えてきます。

But when we take the “long view” – and see our suffering in the light of its eternal consequences and in the light of the Gospel – our suffering will be a great source of joy and comfort and spiritual growth.

しかし私たちが「長期的な視点」をもつ時、永遠の報い、福音という光に照らされて自分の苦しみを見つめる時、その苦しみは喜び、慰め、霊的成長のためのすばらしい助けになるのです。

And you’ll also notice Paul not only suffers for the Gospel, but he struggles for the gospel as well.

また、パウロは福音のために苦しんだだけでなく、戦ったこともわかります。

Go to verse 29 – 29 For this I toil, struggling with all his energy that he powerfully works within me. For I want you to know how great a struggle I have for you and for those at Laodicea and for all who have not seen me face to face,”

このために、わたしもまた、自分のうちに力強く働くキリストの力によって、労苦しながら奮闘しています。あなたがたとラオデキヤの人たちと、そのほか直接私の顔を見たことのない人たちのためにも、私がどんなに苦闘しているか、知ってほしいと思います。

You see here Paul is giving everything for the sake of Christ and the Gospel.

パウロはキリストと福音のためにすべてをささげていることがわかります

Gospel ministry is really hard work – It’s exhausting – Wearying.

福音宣教は本当に苦労の多い働きです。疲れきり、消耗させられます

I reckon when it comes to the Gospel and ministry, we want to quit when the times get tough.

福音宣教に関して言えば、本当に難しいことに直面させられると、もうやめてしまいたいと思わされる時があるように思います。

Don’t we?

そうではないですか

It’s so much easier to just give up.

諦めてしまう方が簡単に思えるときもあるでしょう

The frustration – the discouragement!

ストレスや失望

So how does Paul keep going when he’s struggling and suffering for Christ?

では、パウロは、キリストのための戦いと苦しみをどう続けたのでしょう?

2. What Kept Paul Going as he Struggled and Suffered? 

何が、苦しみ戦うパウロを突き動かしていたのでしょうか?

Well there are two things that keep Paul going.

パウロを突き動かしていたものは二つあります

Go back to verse 29, let’s read it again: “For this I toil, struggling with all His energy that He powerfully works within me.”

29節に戻りましょう。このために、わたしもまた、自分のうちに力強く働くキリストの力によって、労苦しながら奮闘しています。

So how does Paul keep going?

パウロを突き動かしていたものは何でしょう?

Well it’s got nothing to do with education, or personality, or physical fitness, but God’s power working in him.

教育、人格、体力などではなく、彼のうちに働く神の力でした

Paul relies on power which comes from God.

パウロは神からくる力に頼っていたのです

Do you want to keep going in your Christian walk and not give up?

あなたはクリスチャンとして、諦めるのではなく、歩み続けたいですか?

Then as God’s people, we need to draw deeply on the infinite and unending power of God.

それなら、神の民として、私たちは、無限の神の力に深く引き寄せられる必要があります

It’s that power we need.

それこそ私たちが必要な力なのです

Now we know that God’s power doesn’t mean we’re not gonna get physically and emotionally exhausted.

神の力があるからといって、私たちが肉体的、感情的に疲れないということではありません

But it will keep us going in Gospel ministry.

しかし、それこそが福音宣教のために私たちを動かし続ける力です

It will keep you going when that person you’re sharing the Gospel with just won’t believe.

福音を伝えている相手が信じない時にも、神の力があなたを前進させます

It will keep you going in your struggle with sin.

自分の罪と戦う時にも、あなたを前進させます

It will keep you going when you’re facing peer pressure.

仲間からのプレッシャーに直面する時にも

It will keep you going when you’re feel spiritually depressed.

霊的に落ち込む時にも

It will keep you going when you’ve been on your knees praying for a wayward son or daughter.

反抗的な息子や娘のために、ひざまずいて祈る時にも

It will keep you going when you’re feeling down.

元気が出ない時にも

It will keep you going for Jesus.

神の力が、あなたをイエスのもとに向かわせるのです

But it’s just not Christ’s power that keeps Paul going, it’s the hope of glory as well – have a read of Verse 27.

しかし、キリストの力だけでなく、パウロを前進させたのは、栄光への望みでした。27節を見てみましょう。

“To them God chose to make known how great among the Gentiles are the riches of the glory of this mystery, which is Christ in you, the hope of glory.”

神は聖徒たちに、この奥義が異邦人の間にあってどのように栄光に富んだものであるかを、知らせたいと思われたのです。この奥義とは、あなたがたの中におられるキリスト、栄光の望みのことです。

Everyone – we have something that the rest of this world doesn’t have – and that’s hope!

みなさん、私たちはこの世界がもっていないものをもっています、それは望みです。

We have hope because we are confident that “the sufferings of this present time are not worth comparing with the glory that is to be revealed to us.” (Romans 8:18)

「今の時のいろいろの苦しみは、将来私たちに啓示されようとしている栄光に比べれば、とるに足りないものと私は考えます」(ローマ8:18)とあるので、私たちには希望があるのです。

We have hope because I am confident that when Christ who is in my life appears, “I will also appear with him in glory.” (Col 3:4)コロサイ3:4に「私たちのいのちであるキリストが現れると、そのときあなたがたも、キリストとともに、栄光のうちに現れます」とあるので、私たちには確固とした希望があるのです。

You see this life – with its pain and disappointment and ugliness will one day give way to an incredible and eternal glory.

この人生は痛みと失望と醜さに満ちていますが、いつかすばらしい永遠の栄光に変えられる日が来るのです

That’s our hope – that’s what keeps us going.

それこそが私たちの希望であり、私たちを前進させるものです

And we know that for certain because as it says in verse 27, God chose to make known to us “the riches of the glory of this mystery, which is Christ in you, the hope of glory.”

そしてそう確信できるのは、27節で「この奥義とは、あなたがたの中におられるキリスト、栄光の望みのことです」と言われているからです。

This isn’t some maybe hope – but a real and certain hope!

もしかしたらそうなるかも、といったたぐいではなく、

本物の、確かな希望なのです

It’s ours because the Christ who died and rose again lives in us now and forever.

それは、私たちの希望です、なぜなら十字架で死んで後よみがえられたキリストが、今も、永遠に、私たちのうちに住んでおられるからです。

And so when we die we will go to be with Him forever.

だから私たちが死んでも、私たちは永遠にキリストと共にいるようになるのです

That’s what keeps Paul going and that’s what should keep us going as we struggle and suffer for the sake of the Gospel.

だからこそ、パウロは前進できたし、今、福音のために苦しみ戦う私たちも前進できるのです。

3. The Purpose of Paul’s Struggle and Suffering パウロの戦いと苦しみの目的

At the same time there’s a purpose in our struggles and suffering.

同時に、私たちの苦しみと戦いにも意味があります。

I summarised it earlier – to present Christ to everyone and to present everyone mature in Christ.

先ほど言ったように、キリストをすべての人に宣べ伝え、すべての人をキリストにある成人として立たせる、成熟させるためです

a. To Present Christ to Everyoneすべての人にキリストを伝える

Go to verse 25 and you’ll see the first part of Paul’s purpose– to present Christ to everyone

25節で、パウロの苦しみと戦いの目的の最初の部分、すべての人にキリストを伝えることについて見てみましょう。

Have a read:

“… to make the word of God fully known, the mystery hidden for ages and generations but now revealed to his saints.”

神のことばを余すところなく伝えるためです。これは、多くの世代にわたって隠されていて、いま神の聖徒たちに現された奥義なのです。

But Paul doesn’t just want converts – he wants disciples!

パウロは単に回心する者だけではなく、弟子を育てたいと思っていたのです

b. To Present Everyone Mature in Christキリストにあって成人として立たせる

Go to verse 28 and you’ll see the second part of his purpose there – to present everyone mature in Christ.

28節で、パウロの苦しみと戦いのためのもう一つの目的、すべての人をキリストにある成人としてたたせる、という目的を見ることができます。

“Him we proclaim, warning everyone and teaching everyone with all wisdom, that we may present everyone mature in Christ.”

知恵を尽くして、あらゆる人を戒め、あらゆる人を教えています。それは、すべての人を、キリストにある成人として立たせるためです

And what Paul does now is show us what that maturity looks like.

パウロはここで成熟とはなにかを示しています

First of all – maturity is about the ability to get on with others.

まず、成熟とは、他者と円滑な関係をもつことができるようになることです

Have a look at verse 2: 二節を見てください

“… that their hearts may be encouraged, being knit together in love …”

心に励ましを受け、愛によって結び合わされ

Remember what Jesus said.

イエスが言ったことを思い出してください

“BY this all men will know that you are my disciples, if you love one another.” (John 13:35)

もしあなたがたの互いの間に愛があるなら、それによって、あなたがたが私の弟子であることをすべての人が認めるのです。(ヨハネ13:35)

Christ’s love is the glue that binds us together as God’s people.

キリストの愛は、神の民として私たちを結び合わせる接着剤のようなものと言えます。

Paul goes on to say that maturity is about completeness in Christ.

パウロは続けて、成熟とはキリストにあって完成されることだと言います

Verse 3 – Maturity is about recognising that in Christ “are hidden all the treasures of wisdom and knowledge.”

成熟とは、キリストのうちに「知恵と知識との宝がすべて隠されている」ことに気づくことです。

We don’t need to add to Christ.

キリスト以外になにも付け加える必要はありません

And verse 4, maturity is seen in spiritual discernment.

四節で、成熟は霊的な識別力として捉えられています。

“I say this in order that no one may delude you with plausible arguments.”

私がこう言うのは、だれもまことしやかな議論によって、あなたがたをあやまちに導くことのないためです。

Discernment’s all about learning to distinguish between truth and error.

識別力とは、真理とあやまちの違いをみきわめることです

And we do that by hearing, reading and studying the Bible together.

そして、それは共に、聖書を読み、学び、聖書に聞くことからするのです。

This is the way we live and grow in wisdom and discernment.

こうして私たちは知恵と識別力を蓄えていきます

And discernment matters because the truth of the Gospel matters.

識別力が大切なのは、福音の真理がそれだけ大切だと言うことです

Now in verse 5 Paul picks up one more charateristic of maturity.

5節ではパウロが、成熟さのもう一つの特徴を説明しています。

Paul rejoices to see there “good order and the firmness of their faith in Christ.”

パウロは、彼らの「秩序とキリストに対する固い信仰とを見て喜んでいます」

Good order means good behaviour. 秩序は行動に表されます

They were living their lives in obedience to the will of God. 神のみこころに従って生きようとしていた、ということです。

And they were standing firm on the Gospel of Christ.

そしてキリストに対する堅い信仰に立っていました

Persevering under pressure and not budging from the truth of the Gospel.

プレッシャーに耐え、福音の真理から離れない

They were sticking close to Christ, in whom they were complete.

キリストにあって完全とされるので、そのキリストのそばから離れない

Now question is, are Paul’s priorities our priorities?

ここで問題になるのは、パウロの優先順位は、私たちのそれと同じかどうかです。

Like Paul is our priority to present Christ to everyone and to present everyone mature in Christ?

パウロのように、私たちの優先順位は、キリストをすべての人に宣べ伝え、すべての人をキリストにある成人として立たせるためでしょうか?

Struggle and suffer for that purpose.

その目的のためにこそ、苦しみ戦いましょう

Conclusion: What are you struggling and suffering for?

結論:あなたは、何に苦しみ戦いますか?

I wanna finish by telling you about a guy called William Tyndale.

最後に、ウィリアムティンデルと言う人について話したいと思います

Someone – whom like Paul – struggled and suffered for the gos[pel.

彼はパウロと同じように、福音のために苦しみ戦った人です

Tyndale was the first person to translate the Bible into English.

ティンデルは最初に聖書を英語に訳した人です

But in 1536 Tyndale was condemned as a heretic by the Catholic

Church for translating the Bible into English.

しかし1536年に、カトリック教会から聖書を英語に訳した異端として断罪されました。

 

He was tied to a stake, strangled and then burnt.

くいに縛られ火あぶりの刑に処されたのです

Tyndale died at 42 years of age.

42歳でした

A great man of God, with a great goal

神への信仰に堅く立った

A man who struggled & suffered to see the Bible translated into English.

聖書が英訳されるために、苦しみ戦った人でした

And it cost him his life.

そのために、いのちを奪われたほどです

What goals do you have in Life?

あなたの人生のゴールは何ですか?

What are we suffering for?

何のために私たちは苦しんでいるのですか?

What are we struggling for?

何のために戦っていますか?

Paul gives us some goals here in this passage that are really worth struggling and suffering and labouring for.

パウロはこの箇所で、苦しみ戦い、奮闘する価値が本当にあるゴールを示しています

To present Christ to everyone and to present everyone mature in Christ.

キリストをすべての人に宣べ伝え、すべての人をキリストにある成人として立たせるためだと。

Making followers of Jesus.

イエスを信じる人を生み出す

Isn’t that a pretty good goal of have in life?

それも人生のすばらしいゴールではありませんか?

It’s the one goal – the Bible says – we should all have.

しかし、聖書はそれは私たちがもつべきゴールの一つでしかないと言います。

Is it your goal?

それはあなたのゴールですか?

Here’s the challenge: I want you all to start praying for one person who you want to become a Christian.

ここで、みなさんに具体的な課題を与えたいのですが、一人、クリスチャンになってほしい人を思いうかべ、その人のために祈り始めてください。

Make that your goal for the next twelve months.

そして、これから一年間祈り続けてみてください

Bring one new person into the Kingdom of God.

神の御国に、一人でも、新しい人を導きましょう

And if we do that – this church will double in the next 12 months.

You thought you have space problems now Hirohashi Sensei – what if this happens!

もしそうできたら、この教会は、次の一年で二倍になるでしょう

場所が狭い、とお思いかもしれませんが、廣橋先生、もしそうなったらどうですか?

But that’s the minimum really.

でもそれは実は、最低人数です

Go for 2 – 3 – 4 people – I really don’t care, but the minimum’s one.

二人、三人、四人、何人でもかまいません。とにかく最低一人の人にキリストを宣べ伝えましょう

Struggle – suffer for that goal.

ゴールのために苦しみ戦いましょう

So that this church will be bursting even more at the seams in 2016.

2016年には、この教会堂が本当にあふれんばかりの人でいっぱいになるのではないでしょうか

Start praying.

祈り始めましょう

Start reaching out.

伝え始めましょう

So that we might present Christ to everyone

and present everyone mature in Christ.

キリストをすべての人に宣べ伝え、すべての人をキリストにある成人として立たせるために、です

 

 

コメントを投稿